千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

内川2,000安打、清宮初本塁打の陰で中田翔1,000安打

昨日はマリーンズの郡山でのゲームが中止になってしまった。数少ない地方開催試合が中止になるのはショックですね…あとは来週の富山と、月末の西京極、そして7月末の道東シリーズぐらいか?熊本も中止になってしまったので、6試合中既に2試合が流れた。残りのゲームはなんとか開催に漕ぎつけてほしい。
ゲームが無かったので20時ぐらいからテレ玉で「西武VSソフトバンク」を見つつ、たまにBSに回して「オリックス対日本ハム」を眺めていた。眺めていた…っていう表現が適当かな。内川2,000本安打の瞬間はキッチンでフライパン握ってたので見逃したし(笑)

清宮が1打席目で「高卒新人記録」にあと1と迫る、デビュー以来7試合連続安打となるプロ入初本塁打をかっ飛ばした。この記録持ってたのって青野なんですね!もっとも「桜島ファイヤー」の青野じゃなけいど。青野修三。
青野1号伝説

千葉マリン26マイラー時代、その青野修三についての考察を書いたことがある。231守備機会無失策の「守備の人」ですね。意外とこういう人が入りたての頃は打撃で売っていたりするんすよね(もっとも当時を知る人から「いや実は打撃に見どころがあった」というカキコミも頂きました)。元木も打撃で注目されて入ってきたのに、いつの間にかクセモノ呼ばわりされて、「得意技:隠し球」の完全なイロモノになっていったし。
おっと、またどうでもいい話に字数を割いてしまった…
試合は上沢の好投もあって完全ファイターズペース。ファイターズも上沢の完全復活と、マルティネスが完全な「当たり」だったことによって「弱い」と思われた先発陣の頭数が揃ったので、上位に行く気配ムンムンだ。
バファローズは防戦一方、昨年セットアッパーを勤めた近藤が「敗戦処理」で出てくる悲しい展開。俺は去年も書いたけど、この近藤の真っすぐが大好きだ。後ダンシング系のフォロースルーも。こんな壊れたゲームなのに、清宮相手に情熱の三球三振を奪う。清宮が始動も出来ないほどの「ジャスト・ルッキング」な三球三振。意表をついた初球変化球の入りで、完全に梯子を外され、あと2球に全く合わせられなくなった。
この試合で中田翔がプロ通算1,000安打を達成した。内川2,000安打、清宮のプロ初弾にかち合うなんて、持ってなさすぎる。でも「高校BIG3」の中では一番の出世頭なことには間違いない。ところでウチのBIG3君はプロ何勝?正解は65勝。果たして、ここから「100」は勝てるんだろうね?

テレ玉の方は小笠原聖実況の森本稀哲解説だった。稀哲はテレ玉初登場のようだ。
こちらも近藤同様に「真っすぐの回転数」が多い武隈祥太が内川に2,000本安打目を配給。すると稀哲が
「これで上半期のプロ野球総集編のVも、年末の特番のVも武隈祥太の背中が映ります」
とエンドレスで「内川に2,000本目を打たれる武隈祥太」をネタにしていた。イチローに200本目打たれる園川なみの背中の哀愁だ(笑)
2人の掛け合いで良かったのは、途中出場を目指す選手が、どの辺から準備を始めるのか?という話題。稀哲は
「西武ドームはブルペンが見えるので、相手のブルペンで投げている選手をチェックして自分の出番がありそうだなとか判断して、準備を始めていた」といった話をしていた。四六時中鏡の前でスイング出来る訳ではない。「やはり何人かはベンチに残っていないといけませんから、そこは声をかけあって…」応援要員的な要素の強い人らしい発言だが、回と回の合間のキャッチボールの相手だったり、それなりにベンチに人がいないと試合も回らない。こういう見えない所の話はいいですね。

 

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. mansengoさん、長年のファンです。ポイントの記事はもう書かれないのでしょうか?? 有料でも読みたいです。よろしくお願いします。

  2. >らぶちゃんさん
    書き込み&ファン宣言、誠にありがとうございます!
    そのうち落ち着いてきたら、ポイント関連記事も書いていきたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top