千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

井上のプロ入り初盗塁に便乗…出来なかったことが敗因?

4/28 ZOZOマリン ロッテ 2ー5 日本ハム 
視聴方法: NHK総合

アルシアに特大の一発を打たれた直後に出かけたので、6回表途中ぐらいまで見ていた。
唐川VS有原の「いつになったらエースと呼ばせてくれるの?」対決。共にピリッとしない序盤で、どちらが先に立ち直れるのかが勝負のカギを握った。

有原はヤケに変化球が多い。でもフォークの制球も悪いんで、チェンジアップの比率が普段より高くなった。ところが4回あたりから急に真っすぐで押し出した。ベンチからの指示だったのか、そのイニングからシフトチェンジする当初からのビジョンだったのか判らないが、真っすぐ中心になったあたりからマリーンズ打線が湿りだしてノーチャンスになった。勝つのであれば、初回2回に一気に攻略しておく必要性があったようだ。「1点もぎとれた」というより、もっと点を取っておかなければならないイニングだった。不調の投手からビッグイニングを作り出せないようでは厳しい。

最もチャンスがあったと思われる初回に面白いことがあった。
アジャの盗塁
これは1,3塁ゆえに決まった盗塁であったが、とにかく盗塁には変わりない。プロ初盗塁マークおめでとう!
実は3-2になった時に、アジャを走らすのかどうか考えを巡らしていた。大地が空振れば高確率で三振ゲッツーになる場面。いや3塁走者中村との重盗を気にするか?どうするんだろう…と思っていたら、その前にファイターズ内野陣が3-2になった途端前に出て来た。「ファイターズは1塁走者アジャを走らすと決めつけたのか!?」ダブルプレーシフトからバックホーム態勢へ急遽変更。結果、大地が有原の内角へ食い込んでくるカットボールを空振り。急ぎ(前進していた)石井も2塁へ戻ったが、捕手清水は3塁走者を目視しながら2塁への送球を自重。ここにアジャの初盗塁が決まった。ダブルプレーシフトだったら完全に三振ゲッツーだったが、アジャが走ってきて、さすがに走者が球界最重量選手でも、「スタートを切られればゲッツーは厳しい」とファイターズが決めつけた。これで2死2,3塁のワンチャン残ったが清田が決めきれず、この回1点止まり…。

唐川は前回の5回完全だったオリックス戦同様、そこそこいいボールを投げているにも関わらず、ツメが甘いというか、肝心なところで3被弾。特に大田泰示の二発目が痛かった。逆転弾ということもさりながら、2球いいところに決まっていたカーブをウイニングショットに使ったら、ど真ん中に吸い込まれるように行き、(見させられて)カーブを意識していただろう大田に巧く救い上げられた。これなんかは「踏み込んで打っていくぞ」という意識の高さが生んだホームランのように思えた。
アルシア、レアードの両外国人に対してもカーブが多かった。アルシアのホームランも3-2からスライダーが真ん中に入ってきたところ。カーブの多さから、おんなじ方向に曲がってくるボールに対してはマークしやすかったんだろう…。

終盤は散発的な攻撃に終わり、あっさりと試合が終わった模様。
9連戦の最初の3連戦がいわゆる「裏ローテ」。彼らを救えるのは打線だけだぞ!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top