千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

奨吾で割りを食うことになるアジャ

昨日の試合は中止になりましたね。ファイターズ7戦全敗、マリーンズ14戦全勝で、かすかにCS進出の可能性が残っているので、まだ振替試合の発表はしないんでしょうが、おそらくCS開催中の「裏番組」になるでしょう。10月9日は両軍オフですが、さすがに13連戦になってしまう日程は組まないと思います。まあ今日以降の試合が中止になったら9日に入れることはあるのかもしれませんが、いずれにせよCS期間中にマリーンズの試合が見れそうです。熱い最下位攻防戦になっていることに密かに期待しております。そして最下位になって前澤社長の周辺がにわかに慌ただしくなる…剛力、宇宙旅行の次にマリーンズをGETして下さい。
ゴーリキ ショーライ!(ティディディディディ)
マリーンズ チョーダイ!(ティディディディディ)

残り試合で野球的な見所といえば「奨吾が盗塁王のタイトルを取れるかどうか」、ですよね。残り試合的には有利ですが、この後も積み重ねていかないと、ライバル達だって黙って指をくわえて見ていることはないでしょう。
となると、後ろを打つアジャの「責任重大」になってきます。彼が走者に出れば、初球から打っていくことが難しくなります。アジャだって「打率.300」や「100打点」など、一流打者と周囲に認めさせることが出来る勲章とも言える数字は目前です。でもタイトルの前には「協力」が求められるかもしれません…。
はっきり言って、早いカウントにウェイティングを要求されると、打者はそれだけ打つチャンスを失っていきます。
「もっと球数を投げさせなければダメ」
とか言ってる連中は、無責任に放言しているだけで、個人事業主である野球選手はどこまで行っても自分の数字を上げなければ話にならないのです。初球から数球のうちに甘い球が来る確率が高いんですから、これを仕留めることが数字を上げるためには「最善」であることは間違いのないことです。たとえチームのために待球し続けたとしても、2年間57打席連続無安打なんていう結果になってしまったら誰も守ってくれない!…でしょ?(←渡辺謙ふうに)

奨吾が出塁した後、アジャが大塚コーチのサインを確認しているかどうかが見所ですね。本来4番打者なんて打つしかないわけで、外国人の4番なんかはサイン見ずに走者だけ見ているケースもよくあります。アジャが奨吾アシストのため数字を落としていくのか…あるいはこの2人を分断させるというテもありますね。奨吾を1番に据えて、後ろを全試合出場が目的の藤岡でも立たせておけばいいのでは?出塁したら徹底的にウェイティング。奨吾が走り終えたら、あとは野球でもテニスでも、お好きな方をご自由にどうぞ!

なおゴーリキ、ショーライ方面のネタの感想、追加情報などは受け付けておりません(そこはスルー!)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top