千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

平沢同点弾、安田勝ち越しタイムリー

9/24 京セラドーム大阪 ロッテ 8ー2 オリックス 
視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

試合は6回から見始める。すると、いきなり飛び出る平沢のポール直撃弾。
そしてこの回、それまでヒット2本しか打ててなかった西から、5本の長短打を集め3点を奪ってしまった。

でも1死1,3塁の大チャンスで、角中が西のチェンジアップ攻めの前に三振した時は「こりゃダメだな…」と思ってました。チャンスがピンチになってしまう先輩たちを救ったのが安田。物凄い打球速度のフェンス直撃打を放ち、待望の勝ち越し点を奪った。1塁走者がアジャだったこともあるが、打球の速さのせいでホームに還れなかったんじゃないかと思わせるぐらいの当たり。エグい!アジャは続く大地のタイムリーで生還。1番から始まったこの回は計3点奪った。
更に8回表に追加点。回マタギの比嘉に対して無死満塁と攻めたて、代わった履正社の先輩・岸田から安田が3-0というカウントまで持ち込み、1球ストライクを挟んだ後、3-1から押し出しの四球を勝ち取った。すると次打者・細谷の際に飛び出すナカジの拙守!8回で3点差ということを考慮すると、絶対にバックホームしなければならない状況だったはずなんだが、(2塁での)ゲッツーでも取りに行くような構え方で取りに行き、お手玉して、更に打者走者しか殺せず、1点取れてなおも1死2,3塁のチャンスが残った。

ナカジがサード守っているの久々に見たが、これはヒドイね。対して初めて1軍の三塁守備に就いた安田は巨体を感じさせない柔らかい動きで軽快にこなしていた。これは大地もウカウカしてられませんね。結局8回表は更に田村の三遊間を抜くタイムリーが飛び出し都合3点。6番打者がつなげれば、これだけのビッグイニングが作れるんだと、改めて感じられたゲームでした。
反面、その前を打つ角中がドツボ。一時、昔の打ち方を思い出したなんて豪語していたが、それがかえって悪かったのか、最近は「らしくない」打撃が続いている。抜く系のボールに対して粘って、なんとかバットに当てるといったことがめっきり減った。6回の打席の後に岡に代わったが、守備固めと言うには早い段階からでの交替だったから打撃不調が原因の交替だったかも?

いずれにせよ福浦抹消後、若手起用が加速化してきた。福浦2,000本安打達成試合でマルチを記録していた翔平も一緒に落とされていたんだな…よほどバント失敗からのバスター空振りが首脳陣の癇に障ったのか…マルチの翌日に降格ってインパクトありすぎだな。その翔平に代わって昇格してきた菅野の1軍シーズン3は先発で起用されるも、安田とは対照的に2試合連続のタコ。外野はほんと人材難なんで、平沢の外野定着の動きも加速化してきそう(本人はショートに未練があるのかもしれんが…)。

ヒーローインタビューを受けた安田について、地元なんで友達も沢山来ているでしょうね、とアナウンサーが振ると、岡さん「トリマキの連中も来てるでしょう」。トリマキって…表現悪すぎでしょ!(昨日の試合で一番気になった点…笑)

 

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ハマリーンズ

    岡さんの解説は、選手への温かい目線を感じてイイんですよね〜!

    • 書き込み、ありがとうございます。
      普段は温厚な人柄がしのばれる解説ですよね。なので「取り巻き」っていう言葉が出て来たときはギョッとしました(笑)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top