千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

益田&内がヒーローインタビューを受けたあたりから怪しかった

6/29 ヤフオクドーム ロッテ 5ー6 ソフトバンク 
視聴方法: DAZN 

とりあえずDAZN(for Docomo)のお試し1か月も6月いっぱい。7月からはRakuten TVに戻ろう…
DAZNで見てたら肝心な場面で回線切れして、見れなかった(内がデスパにヒット打たれた後以降見れず)。
頼むよ東京MX~(昨日は大井競馬中継でホークス戦はやってなかった…)


水曜日の試合をマリンで試合開始~ヒーローインタビューまでフルに見ていたのだが、そのインタビュアーが良くなかったね。
(ていうか俺は「有吉&菅野」あたりがあがるかと思ったら、リリーバー3人だったね)

アナ「これで連続無失点も9試合ですし、防御率も1点台というところで、今年は全開ですね」
益田「あの…連続無失点は言われたくなかったんですけども

益田が被弾した時、「アイツのせいや…」と思ったね。つーか9試合程度無失点が続いたぐらいで言うなってカンジだよね。せめて平野なみに続けてから…いやいや、何時でも言っちゃダメ!

内「借金なくならないように…(間違った!)借金にならないように頑張ります!!」
アンタは自業自得や!!

内が抑えに失敗したこと自体は「クローザー続けていたら、こういう日もある」と割り切れるんだけど、「今日だけは絶対負けちゃダメ」っていう試合でやらかすからなぁ。水曜の試合でアホアナが
「今日もスライダーが切れてましたね」
的なことを聞いたら、
「フォークの方が良かったので。今日は
とスライダーよりフォークを使って抑えたことを話していた(ちゃんと使っている球種確認してから、このテの質問をしろよ!)。昨日は打者6人に対して1球もフォークを投げず。強風のマリンと無風(ドーム)のヤフオク。走者を出さなかった水曜と先頭打者の出塁を許した昨日。フォークを使わずに真っすぐ、スライダーで押したが、走者を出すとフォークを使いづらいっていう側面もあるのかな?いずれにせよ「パワーピッチモード」に入ると、この2球種なんだよね。普段抜いてると、パワーピッチモード発動の時にボールが切れてこない。だからリリーフは「3球種いらない、2球種でいい」っていう某経験者の話につながると思うのよ。

アジャが5点目を叩き出した時は「さすがに今日は行けそうだな」と思ったよ。でもそのホームランが飛び出す直前に奨吾の二盗が失敗しているタイミングの悪さに一抹の不安はあった(笑)武田投入でホークスに行きかけた流れを再びマリーンズ側に戻す、値千金の一打だったと思う(レフトスタンドに叩きこんだが、打球方向が左という点では一抹の不安が…)。
ホームランが出だすと、引っ張りの兆候が出て調子を落とす傾向があると思うのよ。これまではセンターより右方向のホームランだったから彼本来の打撃で問題なかったが、引っ張ってのホームランに酔いしれるとおかしな方向に行きそうなんで。

涌井が復権の7イニングHQS投球を見せた。投球を見て感じたことは
「カーブが多いな?それと高目を意識的に使ってる?(それともコントロールミス?)」
相手の中田、武田あたりが、高目にフワッと浮くカーブ・スライダー系のボールで打者に一瞬
「ボールだ」
と思わせて、外角の高目ギリギリのゾーンでカウントを取ってくる投球に似ていた(なので似たような投球スタイルの3投手の競演状態に)。これが決まらないとボール球が増えていく。中田にノーコンのイメージがつきまとっているのは、そういう投球スタイルだからっていう部分も大いにあると思うぞ。気がつけば「99勝」を積み上げている訳で、
「え?あのノーコンのダメピッチャーっていうイメージしかない中田が100近くも勝ってるの!?」
と驚かれた方も多いと思う。所属球団に恵まれた部分もあると思うけど、ハマっている時はあのゾーンでバンバンストライク取ってくるよ。
いずれにせよ昨日の涌井は緩急が効いていた。カーブと時折チェンジアップも混ぜて、大胆に「遅球」を生かしていた。いやカーブ投げるのって勇気がいる。菊池雄星をもってしても
「昨季までは「カーブが甘く入って打たれたら後悔する」と信頼度が低かった」
と言っているぐらいだから。

菊池雄星が好例。現代野球は「データリテラシー」が重要になる(webスポルティーバ) – Yahoo!ニュース

で、雄星も今季からカーブの割合を増やしているんだけど

ストレートの球速が100%だとしたら、スライダーは92%くらい、カーブは70%前後が空振りゾーンで、それ以上遅くなると当てられるというデータがあって、照らし合わせながらやっています。

この辺の自己分析を涌井も参考にした部分があったのかな?雄星の場合、カーブを生かすため、あえて真っすぐの球速を抑えるといった「逆転の発想」。データからカーブがハマる球速差を意識することによって、カーブを投げ込む自分に自信を植え付ける「メンタル面」での効果もあるようだ。

ま、でもこのコラムで一番気になるのは「データ使いこなせない奴は淘汰される」と豪語している元ロッテの投手の人ですよね。
「あんたボビーとのコネクションで淘汰されなかっただけだろ!」
ってツッこみましたよね、皆さん?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top