千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

有吉の早期降板を想起して、僕は…千葉転居後初メットライフ

灼熱のメットライフドームに、今年も又来てしまいました…
今日がセブンイレブンスペシャルナイターだから?いえ、たまたまです。
でも、しっかり、
スペシャルナイター限定ライオンズnanaco、GET!

nanaco他、西武プリンスクラブ周りの話は又別の機会に設けるとして、7月11日、前半戦最後の試合の生観戦記行ってみよう。

7/11 メットライフドーム ロッテ 4ー8西武 
視聴方法: 現地生観戦 

よく判らん地下アイドル(?)が始球式を務めておりました。

チーム初安打は2番の平沢。今日はこのヒットを含め2安打を記録。後半戦につなげてもらいたいですね。

久々登場の伊志嶺。押し出し四球を選び打点1をGET。センターの守備に就いている時は、いっちょ前に平沢にポジショニングの指示とか出してました。
「えらそうに…でも普段外野の守備に就かせてもらうのは、内野手登録の平沢の方!(辛い現実)」

アジャとアグーのダンス。
アジャは2四球の後、ホームランをバックスクリーン横に叩きこむ。実はこの本塁打は飛び出す前からある程度予測出来ました(理由は後述)。
アジャが打席に入った時、相手外野手が(前の打者)奨吾に対して取った守備位置より更に左側に寄っていた。センターもライトも。「へぇ~、右方向に強い打球が飛ぶイメージが強い筈なんだけど、最近の打球傾向から左側に寄るようになったのかな?」
確かにここのところ左翼方面へのホームランが出ている。しっかり最新のデータに合わせて、守る位置を決めているんだな。もしかしたら「対左投手」の際の打球傾向なども参考にしているのかも?

リードに関して。
右投手と左投手の違いもあったが、全体的にマリーンズの選手よりライオンズの選手の方が半歩分リードが大きい。これは榎田の牽制を警戒していたのかもしれない(特に牽制死のある平沢)。藤岡、平沢、中村といったところがアンツーカーに右足がかかる程度のリードだったのに対して、ライオンズの源田や外崎はアンツーカーを跨いでいた。

トリオ・ザ・ビハインドがブルペンに入ってきたよ~。有吉の早期降板を想起。

そして僕はソーキそばを食べて途方に暮れる。(ソー、来たか!)

nanacoポイント2倍期間だからねぇ~。nanacoで支払うか、西武プリンスクラブポイント紐づけにしてあるPASMOで払うか非常に悩む。ええ、今回の観戦もプリンスクラブポイント1,000ptと引換でGETしたチケット引換券による観戦です。

有吉が3回に6点を失い降板するが、5回表にアジャに追撃の2ランが飛び出す。実は打席に入る前からホームランを予知しておりました。なぜかというと…
今日の榎田はコントロールに苦しんでおりました。ここまでも4つの四死球をだしており、決して本調子ではありません。またファールも結構打たれ、球数も5回にして100を超えておりました。緩急の妙でなんとか抑えていたのと、角中を要所で切れたことが大きかった。でも一歩間違えば大怪我をしているはずの内容でした。先発投手の責任投球回を迎え、ベンチも引っ張らざるをえない状況。まさか7-0で勝っている展開で、2番手を出すわけにもいかないでしょう。また榎田もそれまでは「アジャ四球、角中勝負」が使えましたが、この展開では逃げることは許されません。つまり本調子ではないにも関わらず、今まで逃げまくっていた相手に真っ向勝負を挑まなければならない状況が作り出されたのです。なのでわりと「必然の本塁打かなぁ」と思ったのです(2死からの奨吾の安打が大きかった)。

結構このホームランで5点差になったことで「あるいは、ひょっとするのでは?」と思い始めました。なにせ西武救援陣は壊滅的防御率を記録する面々が揃っている訳ですから、榎田の球数を考えれば、ここ(6回表)から「怪しい継投」が始まり、点を取れる可能性が高いはずです。
それゆえに5点差に詰めた5回裏が非常に大事でした。託された南が、この日5安打をマークした源田にタイムリーを浴び、再びリードを広げられてしまったので「さすがに今日は厳しいかな」と思い直しました。2死3塁で秋山、源田を迎える巡りになったのですが、順当に考えるのなら「秋山敬遠、源田勝負」という局面でしょう。ところが南-田村のバッテリーは、「4球普通に投げての、あるかし」でした。
「ここは申告敬遠だろ!!」
クサいところ突いて、振ってくれたらメッケものの勝負を挑むにしても、2-0になった段階で申告に切り替えるべき。申告敬遠って使いどころがあると思うんですよ。それは「3塁に走者がいる時」。投手の球数消費をセーブする以上に、ワイルドピッチの可能性を「0」に出来るんですから、これを使わないテはないと思うんですよ。ましてやフォークが決め球の投手なんですから…中途半端に「半分勝負、半分歩かし」で行ってワイルドピッチになったら元も子もないじゃないですか!便利なルールが出来たのに、それを活用しないんだから…事実上5回裏で「勝負あった」でしたね。

それでも9回表6点差でマウンドに上がったカスティーヨが押し出しを出し、なおも1死満塁という状況を作り出す。
こりゃ西武ベンチもたまらんな…でも、もっと「たまらん」人がおりました。

今日は、

ノースローデー、だよ!

と思っていた矢先の…

投球練習開始(笑)
多分チームの勝敗なんて頭の中にないでしょう。あるのはこれだけ。
「おいおいカスティーヨ、ふざけんな」
辻監督以上に内が思ってたりして。お勤め、ご苦労様です!

そうそう、源田パイセンが人生初の1試合5安打をマークしていたけど、1本目は藤岡のエラーじゃないの?
藤岡は走者が視界に入った時に結構ジャッグルしているイメージがある。ボール回しの時にも1回ジャッグルしてたよ(笑)

 

 

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top