千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

角中2ランを呼び込む種市の熱投、奨吾の粘り

4/9 ZOZOマリン ロッテ 5ー4 オリックス  視聴方法: 千葉テレビ 

終盤2点差ビハインドで推移している時も、「わりとこの2点差保っていけば、なんとかなるんじゃね?」的な見方が今年は出来ておりました。むしろその2点差を保つ方が難しいという(笑)


種市が7回表のピンチを凌いだのが大きかったですね。1死1,2塁で不調とはいえ吉田正尚を迎えた場面。初球ベース板上のフォークを見逃された時は、いや~な感じがしましたが、2-2からの同じフォークではしっかり空振りが取れました。2-1からアウトローの真っすぐでストライクが取れたのが大きかった。いい打者に対してバッティングカウントでカウントを稼がなければならない時に、あのボールでバッターにスイングさせないで封じ込めることが出来るのは大きい。4球目で追い込めたために、初球は振ってもらえなかった同じコースのフォークも振ってもらえる。投手と打者の心理状態が4球目を境に逆転したことが手にとるように判る対決でした。この後の4番メネセスも見逃し三振に切って取り、最高の形で自身の2イニング目を締めました。3イニング投げて中3日での2イニングはなかなか厳しいものがありますが、今は投げるのが楽しくなってきている時期ではないでしょうか?

9回相手は増井が来るかと思えば、最近の不調から配置転換が行われたようで澤田が来ました。ここでも中村奨吾の粘ってからの出塁が効きました。初球から思い切りよく振っての長打もあるかと思えば、追い込まれてからもしぶとくボールに食らいついて、しぶーいヒットや四球で出塁することも多くなりました。昨年盗塁王を逃した要因に後半の出塁率の低下があったと思うのですが、今年はその辺の改善が見られそうです。そして角中が「まさに4番」の大仕事。ヒットコースを消されるような相手のポジショニングに苦しめられている印象が、このシーズン序盤にありますが、ボールが上がりさえすれば関係なし。自身は口に出しませんが、意外と率を上げるためにフライを上げていこうという意識が高くなってきているのかもしれません。当たり損ないの外野フライっぽいあたりまでラグーンにすいこまれる野球ですから(笑)若月のなんかはホント、ビックリしました。「あれが入っちゃうのか…」
9回10回は相手のドタバタに助けられた面もあったと思いますが、最後は大地がキッチリ決めてくれました。開幕スタメンを外され悔しいシーズンを送っていると思いますが、やはり昨日のような活躍を見せられると「必要な選手。スタメンで使い続けるべき」とベンチからもファンからも思ってもらえるでしょう。でもWe areで出て来た平沢が相当寂しそうな表情だったのは心配。こっちも全然出番回ってこなくなってきているからなぁ…逆にその心配があった荻野は結果を残しました。2軍で打ちまくって上がってきた菅野が未だ無安打、そろそろ荻野に1番スタメンのチャンスが与えられそうな雲行きです。

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

投手陣何気に15個の三振を奪ってますね。15って、結構多い数字。相手のバットにボールを当てさせない…ラグーン野球ではより重要。

COMMENTS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 同点で延長になったとき、西村さん持っていなそうなので勝てる予感がしました。(下克上で使っちゃった?)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top