千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

三木を救う高濱の一打、いや高濱を救った試合展開?

5/9 大宮 ロッテ 5ー4西武  視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

9回2死、秋山のショートゴロでゲームセットかと思われた瞬間、捌いた三木がセカンドにトスしようとしたボールが手につかず痛恨のエラー。続く代打岡田にタイムリーを浴び、まさかの同点に追いつかれた試合でした。
この試合、苦手の榎田を攻略するために下位打線を前日のメンバーとは総入れ替えし、7番清田、8番吉田、9番三木という布陣で臨みました。4回まではいつものように榎田に抑えられるのですが、5回それまでコーナーに決まっていた榎田のボールが中へ入ってくるようになり、マリーンズ打線が甘めのボールを逃さず捉え始めます。レアードがチーム初安打となるツーベースで出塁すると、奨吾が走者を進められず暗雲が立ち込めましたが、まさかの下位打線3連打で逆転に漕ぎつけてしまいました。ベンチの起用がズバリ当たる形になり、乗って行けそうな要素が現れ始めました。すぐさま山川に満塁からのあわやグランドスラム100号(山川は現在通算99本で、日本人選手史上最速ペースの100号へあと1本)となるライトオーバーツーベースを浴びましたが、岩下が後続を抑え、なんとか1点差のまま終盤に望みを繋げられました。結構しぶとく投手陣が粘っていることが多く、岩下も既に100球を越していたのですが5回を投げ切りました。球数は相変わらず多いんですが、その分慎重に行っていた部分もあったでしょう。3打席目には逆転打を浴びることになる山川との対戦では1,2打席目はオール変化球で攻めて、3打席目も5球目まで変化球、3-2となった6球目に山川に対してこの日初めて見せた真っすぐをモノの見事に捉えられる訳ですから、これは山川を褒めるしかないでしょう。見ごたえのある攻防でした。吉田はなおも続くピンチで森、おかわりといったところで真っすぐ中心に攻めさせたところは打者をよく見ているというか、素晴らしいリードだったと思います。結構ライオンズ打線が裏をかかれていたことは打者の表情を見れば大体判ります。この回秋山が1-2から懐に真っすぐを投げ込まれ、あやうく見逃し三振に倒れそうになり「秋村ゾーン」に助けられて苦笑していたのなんかは、その象徴的シーンでした。榎田もかなり秋村ゾーンに翻弄されていて5回表は内側にボールが集まってきてしまっていたと思います。

すぐさま久々のアジャ弾で追いついたことも、この試合を取れた大きな要因です。3-0からど真ん中を見逃してしまった時は「厳しいか…そうそうチャンスボールは無いぞ」と思っておりましたが、3-2から外高目のスライダーを引っ張り込みました。意外とど真ん中より打ちやすいゾーンなのかもしれませんね、彼にとっては。ただレアードなんかは3-0からのど真ん中は見逃していないはずですし、アーチを量産するには自分有利カウントでもっと積極的に行ってほしいとも感じた打席でした。
8回ヒースの乱調につけこんで勝ち越しました。救援陣も6回以降無走者に抑え理想的な流れで終盤を戦っていたので、あまりにも痛い三木のエラーでした。9回裏のライオンズの攻撃を見ていて、1死1塁で山野辺に代わって水口を代打に送ってきたのは意外でした。ていうより、メヒアが歩いた瞬間「代走に水口を送らないんだ…」と思っていたので、その水口が代打で出来たのには驚かされました。「これはまさかの1死1塁からの送りバントで秋山に全てを託す作戦か」と思いました。そうしたら普通に打たせて、あえなく三振…11回に外崎が代打に出て来たので、余計判らない辻さんの選手起用でした。まあそれだけ外崎の状態が悪いんでしょうけど。このバッター昨年ブレイクしましたが、今年は外の出し入れだけでクルックル回ってる印象があります。右投手は大体カーブ・スライダー・カットボールを外に投げて打ち取れているんじゃないでしょうか?

マリーンズはショッキングな同点劇を乗り越えて、11回に勝ち越しました。相手外国人投手の不安定さに助けられた面もありますが、勢いに乗るにはこれ以上ない5割復活劇でした。高濱のヒーローインタビューを聞きながらライトスタンドで号泣している女性がカメラに抜かれておりましたが、気持ち判るなぁ…三木のエラーも高濱の存在感を際立たすための「演出」になってしまいました。この今年初打席はインパクトがありすぎました。しばらくの間、高濱が「代打の切り札」的なポジションでチャンスを与え続けられることが決まったといっていいでしょう。そう考えると、三木を救った高濱の一打というより、高濱を救った三木のエラーとも言えるんじゃないでしょうか?(笑)

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

ウイニングボールは的場の手に…そうか5月9日生まれだったんだ。

COMMENTS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 高濱を救った三木…なるほどですね。9裏三木のエラー、岡田の見事なタイムリーを食らった所でダゾーンを消しました。(絶対西武戦のいつものパターンを見たくなくて)でも怖いもの見たさで又つけたらこの勝ち越し劇、今期、地力がついて来たと捉えたいですね。本物かどうかは次のバンク戦で試されるところ。

  2. 追伸)三木っー 何だよー! とあの時は思い ちっとも守備上手くないじゃんと。 がしかしこの試合の他の守備機会を見れる場面があり 三木のカッコいい ダッシュして素早く矢の様なスローイング。 三木上手いです笑。

  3. By ハマリーンズ

    三木がやらかしてしまった時には「嗚呼、これがマリーンズに染み付いたメンタルなのか・・・(泣)」と絶望しかかりましたが、よくリカバリー出来ました!
    このゲーム、今シーズンのターニング・ポイントになるかもしれませんね!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top