千葉キャッシュレス・マリン26

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/キャッシュレス・電子マネー・ポイント

PICK UP

More

輝星粉砕し楽勝ムード一変、ドームラン一発同点危機

8/14 東京ドーム ロッテ 9ー4 日本ハム  視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

昨日の試合は5回途中ぐらいから視聴。既に7-0になっており、「さすがに今日は勝つだろう」と思いながら見る。
5回終了後のグラウンド整備中のダイジェストで吉田輝星相手に荻野2本と大地の3本のホームランが出てKOした事を知る。試合中はベンチで呆然と試合を見つめる輝星クンがよくカメラに抜かれていた。強気のドヤ顔が好きじゃなかったんだけど、しおらしくしていたら結構カワイイ(笑)
対する、こちらもルーキーの小島は大量援護に守られて、ゆうゆう6回1失点。相手が小粒化して元気のないファイターズ打線とはいえ、堂々の投球でプロ初勝利を手繰り寄せた。最後1点取られて、なおも2塁3塁のピンチを背負ったが、自力で切り抜け6回を投げ切った事は本人にとってもチームにとってもデカい。あそこでもう1枚余計な投手を使っていると、この試合も、この後の連戦にも大きく影響を与えたと思う。小島に関しては結果的に勝てなかった前回や前々回の投球を見ていても攻め込む投球が出来ていたし、「和田・大竹タイプ」にも関わらず球速も結構出ており、そのうち勝つだろうぐらいにしか思っていなかったので、抹消して再登録してから放らせる間隔が逆に勿体ないと思っていた。さすがにこの内容と結果を見たら谷間待遇から1段上へ上げるだろう。

7回ブランドンが大田に一発を浴び若干雲行きが怪しくなったと思ったら、8回裏に唐川がワンアウト取った後に4連打を食らい、あっという間に2点取られて8対4。なおも1死1,2塁という状況で、前の打席ホームランの大田を迎えたところで、東條にスイッチした。前日の試合と同じく、大田-近藤という中田がいないファイターズ打線の中にあっては「中核」とおぼしき2番3番打者相手に、「右殺しの東條、左殺しの松永」をワンポイントでぶつけて鎮火する腹づもりなんだろうと思いながら見ていたが、東條は2日連続大田を「殺せ」たが、松永の方は近藤を「生かし」てしまった。解説の森本稀哲が松永の投球前から「いや~昨日の松永投手は完璧でした。逆に言うと2日連続あそこまで完璧なところに投げ込むのは難しいと思いますよ。ストライクかボールか判らないようなところに投げるアンパイア泣かせの投手ですから、アンパイアによっては昨日はボールと判定しているボールだったと思いますし」というような不吉な解説をし、それが当たっていた。この日は「泣かせ」まで行かず、はっきりストライクとボールと判るボールばかりだったが…。
ただ、次のバッターは栗山ギャグ采配の象徴「4番清宮」だから、松永的には最悪近藤は歩かしてもいいという気持ちがどこかにあったのかな?とも思った。でもシチュエーション的には「一発出れば同点」というところまで追い込まれてしまった。ところが栗山監督、なぜだかここから非情采配モードになり、ここで代打おにぎりを繰り出してきた。「清宮クン、あなたはまだ4番打者ではありませんよ。4番目のバッターです」と言いたげな、「持ち上げて落とす」栗山ギャグの真骨頂を見た思いです。
🍙に対しても3-2まで行くが、2-2の時は見逃せていた、インコース低目のストライクゾーンからボールゾーンに逃げるスライダーを振らせ、松永はこのピンチを切り抜けた。「おにぎり食べたい、おにぎり食べたい」と騒いでいた東京ドームのライトスタンドを黙らせる、東條-松永の1人1殺リレーが(結果的に)今日も決まりました。てめぇら、おにぎりじゃなくてパンケーキでも食ってろ!今日の当ブログのギャグオチは小島じゃないよ、夢屋まさるだよ!でも栗山監督ほどの笑いは取れませんでした…(ベンチで輝星に引き続き呆然とする清宮見ながら爆笑)。

それにしても最近出てくれば打たれる状態が続いている唐川の処遇はどうなるのか?昨日の試合は大差がついているから8回を任せられたのだと思うが、僅差のゲームだったら誰に放らせていたんだろう?東條か松永のどちらかに1イニング託すんだろうか?或いは東妻を抜擢するのか?この時期に来ても8回が流動的になっちまっているところが、安定して戦えない要因にもなっていると思うし、このままではCSも逃してしまう。昨日のゲームも本来、松永、東條は休ませたかったところだったのに…9回表に1点加点出来たから、益田は休ませることが出来たが、あの回3者凡退にでもなっていたら、ファイターズの流れをブチ切るためにも4点差だけど益田をマウンドに送っていたような気さえする。幸い結構長い攻撃につながり追加点も取れたので「東妻でいいか」という事になったのかもしれない。まあ、いまや貴重な戦力の東妻を2日連続で使ってしまったことにもなるが…。唐川が6点差あるゲームの1イニングを投げ切れない事で、様々なしわ寄せが他の投手にも及びました。さあ吉井さん、腕の見せ所ですよ。

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top