千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

替えられたくない金子が降板、替えられたくてしょーがない子の石川が完投

4/17 ZOZOマリン ロ5-3オ
視聴方法:千葉テレビ

昨日の試合は今季初クラさんだった。クラさんも藤岡のファーストインプレッションが「ローボールヒッター」だったようです。
その藤岡が決勝点となる2ランを放ち、ヒーローとなった。その前の回にショートでエラーをしでかし、ピンチを作っていたが、田村の好守備にも救われ、なんとか「0」に抑えた直後の打席だった。
このホームランなんですが、内角高めのボール球を引っぱたいたもので、真っすぐ比率の高い近藤大亮のスピードボールに的を絞っていたためドンピシャなタイミングで振りぬけた。このホームランに関して、今後に向けて「いい点」と「悪い点」があったと思う。
まず「いい点」ですが、高めのボールを捌くために普段のようにボールの下っ面を叩く打撃ではなく、上からボールを叩きつけることが出来ていた。バットの運び方としては理想的だったと思います。ただ、このコース、いわゆる悪球が来た時に理想的なバッティングが出来ても、普段はそんなコースにボールは投じられてこないし、これが応用が利くかどうかは疑問。逆に高目に対してダボハゼのように食らいつくことが多くなってくると、ボール球を振る公算も強くなってしまう…藤岡は低目に対してボールをコンタクトしたり(コンタクトするものの、全部ボールは上に上がりますが…)、選球する能力は高いと思う反面、結構高目のムチャ振りが目立つなぁとも思ってました。本人も相当悩みが深い中での「いい結果」だったようで、この結果が逆に悪い方向にも行きかねない一打にも見えました。

次の回の先頭打者の打球を処理する際、ファーストのアジャへの送球が逸れて、あやうく2つ目の失策を記録しそうにもなっていた。これは送球より前に、ジャッグルして慌てたためによるものだが、ホームランの興奮からなのか、普段見られないようなミスを精神的なものから引き起こすタイプにも見えた。実際ヒーローインタビューでも「エラーは引きづっていた」と正直に話していたから、スランプが長引きそうな性格なんだろうなぁ…。
マリーンズが記録した「野手の失策」は実は今季これが初。もちろん失策は記録員が判断するだけのもので、失策がついていないミスは随所随所にありましたが、守備におけるミスが他球団より比較的少ない事が、ここまでの好成績につながっていると思う。

石川はボールに力があったものの制球がアバウトで、かなり高目に寄っていた。バッターが真っすぐとカットボールの見極めが出来ていないから打ち損じてくれる。今年から本格的に投げ始めたカットボールにバッター側がまだ対処出来ていないように感じた。また高目にボールが寄っているときは、カーブが低目に決まると決め球としても有効になる。田村が勝負処で本日の石川の出来を勘案した配球をしたため、オリックス打線を拙攻地獄にはめ込んだ。
前半はオリックス金子の出来が素晴らしく、石川が常に走者を出す不安定な投球だったんだが、攻撃陣が「次の1点」を取れなかったため次第にマリーンズに流れが傾いていった。そして5回裏に相手のダブルミスに付け込んで一気に3点取って逆転。ここも2安打で3点だから、ミス待ち野球の本領発揮でもあった。
それでも、すぐさま6回表無死には2ランで追いつかれるところは、まさに石川の本領発揮(笑)

6回裏マリーンズが無死1,2塁のチャンスをつかんだところで金子が降板に追い込まれる。ここまで92球。許した安打はたったの2本。自責点は1。この内容で替えられるのはエースのプライドを損なわれる重大事件だと思う。「あなたはもう、うちのチームのエースじゃないんですよ」と、そこまでの信頼が無いことを首脳陣に突き付けられているようなものである。心穏やかなはずがない。にも関わらず…
この人、次の投手へマウンドをキレイにして明け渡すために、しっかり足で均していたんですよ!
3回の登板で未だ勝ち星が付かず、首脳陣からはプライドを傷つけられるような降板指令を出されても、そこを忘れない姿勢に俺は猛烈に感動した。
逆に替えてもらいたくて仕方ない石川がまさかの完投。この辺が対照的で面白い試合でもありました。

勝った、負けた。打った、打たなかった…だけじゃない。小さな事からも見える野球の感動を今年も感じながら見ていきたいと思います。

 

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも拝見しております。
    毎度毎度、おもしろい(楽しい)題で笑ってしまいます。
    同じ千葉市の住民として、これからも楽しみにしております。

  2. 書き込み、ありがとうございます。
    新参者の千葉市民ですが、今後ともよろしくお願いします!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top