千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

西武の足攻に沈むオルモス

5/13 メットライフドーム ロッテ 0ー6西武 
視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

3連戦初戦2戦目はマリーンズが序盤に大量点をあげ「楽勝」したが、今日は一転してライオンズ「楽勝」モードの試合となった。立役者はオルモ…もとい源田パイセンかな?

まあ確かにオルモスもヒドイんだけど、そのヒドさに拍車をかけさせた源田のかき回し方が印象に残る試合となった。
1回裏秋山のツーベースが出ると、4連敗中の西武は手堅く2番打者に送りバントの指示を出した。他球団ならしごく当たり前の作戦だが、一時はチーム打率3割に迫らんとする勢いだった西武らしからぬ作戦。しかも源田は3割をマークしているので、普通に考えると「もったいない」指示でもあった。それだけ西武も4連敗で追い込まれていたのだろう。オルモス式呼吸法で蘇生しちゃうんだから…絶妙のバントを決められ、犠打の予定の打者を安打で一塁に生かす→二盗許す→挙句の果て三盗(重盗)許す…で、1回裏に一挙4点取られた。ショートの藤岡は源田パイセンの不審な動きを捉えている訳ですよ。ただオルモスが走者に無関心なだけ。「まさか三塁に走ってくるとは…」

これが伏線となって2回裏の「連続牽制悪送球」という珍プレーにつながる。おそらくベンチで藤岡と「俊足な走者が出たら、警戒していこう」という申し合わせがあったのだろう。無警戒もヒドいが、下手に警戒…いや下手が下手に警戒するともっとヤバい事になる事を我々もあらためて学びました(笑)
連勝でいい流れになってきたと思った矢先、苦手な「コントロールがまともな左腕」と遭遇すれば4連敗を思い起こさせる沈黙ぶりで、あえなく完封負け。5回まで先頭打者が3回も出塁するも後続が続かず、追い上げムードを作り出せなかった。なかでもヒドかったのが、今日バースデーの田村。自らを祝うチーム唯一のマルチヒットを記録するも、3回二塁打で出塁した後の走塁がいただけなかった。次打者翔平の「あわや」というレフトへの大飛球をハーフウェイで見届け進塁出来なかった。点差を考えるとレフトが打球を取れなかったとしても、ここは無理にホームまで行くより、無死1,3塁で相手投手にプレッシャーをかけつつビッグイニングを狙いに行った方がいいかもしれないぐらいの場面。それが5点のビハインドを背負っている側の戦い方だろう。なのでここでは普段より早めに「タッチアップ」のため2塁に戻るべき。1死3塁になった後、1点でも返せていれば、また違った試合展開になった可能性もある(5点差あるので、相手も前進守備を敷かずアウトカウントを稼ぎに来るかもしれない。通常より1点が入りやすい局面になる)。

西武は打てなければ足攻も出来る。低打率の金子を起用しているのは、そういう面もあるのだろう。前日のメヒアの打席内での素行を見ていると、チームに悪影響を及ぼしかねない態度だったので、その辺も考慮したのかも。一方マリーンズは相手先発が榎田でも使われないドミンゲスって…1軍に置いておく意味あんの?全く打てなくなってコーチ兼任返上した、1975本ものヒットを打っているらしい人含め、平沢が代走起用ばかりの出場で伸び盛りの時期を逸していくのが恐い。そんな平沢は大事な1打席、打ちたくて打ちたくてしょうがない気持ちを抑えて、四球を選んだぞ!

ヒーローインタビューで初めて気が付いたんですが、ライオンズの帽子には「こんにゃくパーク」の宣伝が入っているんですね。テレ玉でこんにゃく大使のヒデ(中山秀征)が出演しているCMをよく見ます。千葉テレの幸内電器エコキュートなみのローカルCMだなぁ…と思っていたけど、まさかライオンズのキャップにまで進出しているとは思いませんでした。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top