千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

最後のミスに通じる序盤のミス

9/18 ZOZOマリン ロッテ 2ー4 ソフトバンク 
視聴方法: 千葉テレビ 

最後のシーンばかりクローズアップされるが、あそこに行きつく過程で一つ一つのミスが重くのしかかって、ああいう場面が現出するんだろうなぁ…と痛感させられたゲーム。

最後の場面は角中が打った瞬間「行ったか?」と思うぐらいの当たりだったけど、奨吾は「グラシラルが取ると思った」らしい。打球判断が悪いというか、外野手の動きに鈍感というか…アジャの本塁打の時も怪しい動きをしていたグラシアルのライト守備を考えるに、彼がフェイクで相手走者を惑わす程の余裕な守備力を持っていると思えないよね。今シーズンを見ていても、外野手の動きに惑わされず的確なスタートを切って1塁から3塁へ、2塁からホームインしている場面を何度か見ている。殆どが敵チームの選手なんだけど、マリーンズだと荻野かなぁ。
角中も前の走者を動きを確認してなかったみたいだし…さらには2点差なんだから、奨吾は連鎖のミスを防ぐために、冷静に2塁で止まって角中が憤死するのを呆然と眺めておいてほしかった。試合に勝つこともそうだけど、「福浦さんに出来るだけ回す」っていう意識も希薄なのかしら?
チームとして走塁改革を掲げて、実際奨吾も盗塁王を狙えるだけ走ってきたけど、こういうところが変わらない限り上位は狙えないんではないだろうか。

序盤、この日スタメン起用された三木の送球エラーや三振、更にはチャンスでのゲッツーという部分が目だった。せっかくライバルの藤岡が落ち込んできたのでスタメンのチャンスが回ってきたのに、これでは…懲罰交代に近い形で替えられた。三木の送球エラーの後、次打者のピッチャーゴロを、これまたゲッツーを焦る有吉が一旦ファンブルして1個しかアウトを取れなかった。結局この回はなんとか凌いだけど、本来なら2番明石のところで切れている回を3番まで「一つずらした」ことが最後の最後に響くように野球は出来ている。7回2死から甲斐に回って代打の福田が送り込まれる「順繰り」って、そうやって出来ていると思ったもの。まあ、7回まで無四球だった有吉がこの日初めてのフォアボールを長谷川に与えのも痛かったが。
打線は結局、8回まで4番のアジャと6番の大地以外は無安打…どころか四球も奨吾、アジャが1個づつ選んだ以外は皆無で、それ以外の打者は凡退を繰り返した。足元が悪く、何度も投球のバランスを崩していた東浜を攻略出来なかった。これで勝ち切ろうなんて甘かった。

いやー伊東KOTESAKI野球が通った後はペンペン草も生えないと言われるが、昨年の膿は全然出しきれてないですね…。
このチーム状況、グラウンドコンディションの中で、あそこまでのナイスピッチングを見せる有吉は、やっぱタダモノじゃない!

ホークス戦ラスト12はこれで2勝3敗。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top