千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

上沢VS二木「大人な投球」の応酬【札幌ドーム生観戦記】

4/12 札幌ドーム ロッテ 1ー4 日本ハム  視聴方法: 現地生観戦 

札幌の地で「エース」と呼ばれ始めた上沢の試合を見れたことは、専松OBとしても感慨深いものがありました。ドームから福住駅方面への帰路、ほうぼうから「上沢が」「上沢が」という話題が聞こえてきます。「上沢が143試合投げてくれれば全部勝てるのに」そんな声まで聞こえてきました。

上沢対二木は「大人な投手戦」でした。スターターとしてのテクニックを身につけた2人の痺れる投手戦に上質な時間が流れます。二木がチームとしても初対戦になる王柏融の第1打席で、走者もいないのにクイックで打ち取ったり。その王がチャンスで迎えた2打席目に、タイミングをずらされながらもセンターまで運んで犠牲フライにしてファイターズが先制しました。(リクエストで判定が覆り、三塁走者の近藤の生還が認められたシーン)

札幌ドームのサードベースにレアードが帰ってきた1回裏。3塁コーチの川名さんと談笑。

そして暖かい拍手がドーム中から巻き起こります。帽子を取ってレフトスタンドに、そして3塁側スタンドに挨拶するレアード。3塁側スタンドには手を振ったりして声援に応えておりました。「ああ野球って、やっぱいいな」と思える瞬間。

そんなレアードの札幌凱旋(?)1打席目は四球出塁でした。中田翔のお尻を触って挨拶するも、中田はガン無視(笑)

札幌ドームの回の合間の演出はいいと思いました。少なくともマリンよりは「上」でしょう。
聞き覚えのある曲が流れてきました。
「この曲って昔新庄の登場曲に使われていた曲だなぁ…今は回の合間に用いられているのか?」
と思ったら、どうやら過去ファイターズに在籍している選手の「出囃子」を問題にしているコーナーのようです。そうそう登録名は「SHINJO」だったんですよね。もう引退して13年も経つのか…TSUYOSHIはどうしているかなぁ…

この他メンバー交換の時はなぜかフィリップ・ベイリー&フィル・コリンズの「イージーラバー」が、明日の予告先発の発表時はDead Or Aliveの「Turn Around And Count 2 Ten 」が流れてましたね。あんまりノリノリな曲をかけるシチュエーションにも思えないんですが。

これは鈴木大地の時のショート中島のポジショニングです。角中の時も概ねこのあたりを守っておりました。今年は角中のセンター前へ抜けようかという当たりを何本もパ・リーグの遊撃手達に難なく捌かれている事を当ブログでも1回話題にしましたが、大地の時もこの辺なんですね…もっとも大地の場合、センター返しより引っ張ることが多いので、角中のように目立ちませんでしたが。
そういえばパ・リーグの併殺打ランキング、現在1位は秋山と角中の2人が4個で並んでおります。足もある2人の首位打者経験者というのは、何かこの事と無関係ではないような気がしております。ヒットマンたちのヒットゾーンを消す…野球も年々進化しているということです。

札幌ドームの売店ですが、5年前訪れた時は電子マネーが利用出来ませんでしたが、使えるようになっておりました。
・iD
・QUICPay
・Kitaka、Suica他交通系
・SAPICA
さすが札幌、SAPICAも利用出来るようにしてありました。私はセゾンカードのApple payキャンペーンで「2~4月Apple pay(QUICPay)30回利用でボーナスポイント」という企画があって、今回丁度節目の30回目を札幌ドームで迎えられました。この企画がなければSAPICAで支払いたいところだったんですが(←千葉県人なのになぜかSAPICAオートチャージにまで対応済)。

ファイターズの投手が3ボールになると自然発生的に起こる拍手も健在でした。ちょっと「ヌルい」とも感じる空気感が漂っているんですが、好意的に解釈すれば「暖かいスタジアム」。また来たいと思います。

試合終了後お腹も空いていたので、すすきのに移動し、2年前に偶然入ったこじんまりとしたバーに行こうかと思ったんですが、金曜の夜で常連さんも多いだろうし、その時よくしてくださったマスターともゆっくり話せる雰囲気になりそうもないと思ったので、別の店に行きました。
和食系でカウンターは一見お寿司屋さん風に見える居酒屋で飲みました。ここで「人生初」の昆布焼酎を飲みました!いや昆布の焼酎があること自体も知りませんでした。しょっぱな飲んだ第一感は「うわぁー、まんま昆布。昆布の出汁を飲んでいるのか、俺は!?」ぐらいな違和感しかなかったんですが、飲み進めていくと不思議と嵌る味なんですよね…「むしろ芋や麦より、いいんじゃね?」さすがにそこまでは思いませんでしたが、私、麦とは相性が悪いみたいなので、この一夜で麦よりは評価が上になりました(笑)
30分ぐらい一人で飲んでいるとカウンターの料理長さんが話しかけてきて下さり、野球を見に札幌まで来た旨伝えました。料理長は今日がファイターズの今年から始まった金曜夜企画「ファイターズゴールデンフライデー」の第一夜であることも把握している人でしたが、エース上沢の名前はご存じありませんでした…(上沢まだまだだな…)でもいろいろ北海道の食やお酒の話で盛り上がりました。


入場者にはこんな紙製の「金色仮面」も配られるゴールデンフライデー。
楽しい一夜でした。ありがとう!札幌。

1票!「野球観戦記というより酒場放浪記だよな?」と違和感を感じたあなたも1票!(マリーンズのブログランキングに飛びます)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top