千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

セカンド受難で9対9の試合も延長戦でピタリ

4/23 ZOZOマリン ロッテ 9ー9西武  視聴方法: 千葉テレビ 

これぞまさに伝統のロッテ西武戦とも言うべき「泥仕合」。ライオンズのミスに寄るところと、復帰したアジャの活躍などで奪ったリードを、ここまで中継ぎで失点0を続けていた唐川が8回にバックの拙守にも足を引っ張られて吐き出し、3点のリードを守りきれず、まさかの逆転を許す展開。魔法が解けたように例年の唐川に戻らないか心配になってしまう一夜でした。それにしても両軍のセカンドにとって受難な日だったと思います。5対5で迎えた6回裏1死1,3塁で大地の放ったショートゴロは完全な6-4-3コース。これを源田からのトスを受けた外崎が1塁転送時にボールを握り直そうとして手につかず、結局送球出来ずに3塁走者の生還を許す、といったプレーになりました。
3点リードで8回表のマウンドに上がった唐川はいきなりおかわり弾を浴び、更に無死1,2塁と攻めたてられるも源田をセカンドゴロに打ち取りますが、これを三木がセカンド封殺を狙って送球すると走者金子に当たってボールはセンター方向へ転々…これで1点差に詰め寄られ、なおも無死1,2塁で西武の中軸に回る…といった最悪の展開になってしまいました。
昨日の唐川はボールがバラついていて、ストライクとボールがはっきりしていました。甘い球は真ん中方面に集まり、隅に投げようとすると振ってもらえないようなゾーンにボールが行ってしまいます。昔はライオンズキラーだった時期もあったように思いますが、面子も変わり、その魔法も既に解けているような感じです。

9対9という展開で延長に入ったのに、延長に入った途端ピタッと点が入る流れが止まるのは不思議です。9回以降は両軍投手が良かったです。マリーンズは札幌で壮大にやらかして出番を失っていた松永が久々に登板して仕事を果たしました。再び7回8回を投げるセットアッパー復帰への第一歩を踏み出しました。こちらの益田も9回ピシャリと抑えましたが、相手のクローザー増田も良かったですね。ここ数年悪かったんですが、フォームの間合いを変えたのか、若干クイック気味で放ってることがハマっているようです。スライダーの制球力も良くなってるんで、今後も攻略には手を焼きそうです。西武の投手陣は悪い、悪いと思っておりましたが、少なくともブルペンは昨年よりは上のような気がします。
12回は両軍チャンスタイムとも言うべき投手がマウンドに上がり、得点の匂いがしてきましたが結局無得点。こちらは11回の西野がピンチを作りましたが、代打メヒアを1死1,3塁で迎えて、初球ど真ん中の真っすぐでストライクを取ったことにより3塁ゴロで切り抜けました。「なぜ振らなかったのか?」と思う位ど真ん中に行ってました。初球は振ってこないと見た田村の洞察力でしょうか。あれを見逃すと打席内で「これ以上甘いボールはもう来ない…」という後悔が生まれ、バッター打てないモードに入っていってしまいますね。
反対に12回裏、この日は代打で登場のバルガスは3-0からのど真ん中を強振して空振り…その後の2球も真ん中近辺のボールでしたが捉えきれずファウルチップ。結局3-2からお得意の四球で歩きましたが、「ど真ん中のチャンスボールを捉えられないようでは、この先厳しい」という側面も見せてしまった打席となりました。延長戦はこの両外国人のど真ん中のボール対応が対照的で印象に残りました。アジャが復帰して大地が「やはり外せない選手」と首脳陣に認識させてしまった以上、スタメンを外れるのはバルガスになってしまいます。奨吾がケガの影響もあって結果が出ていないので、もしかしたら奨吾に代わってDH復帰の目もありそうですが…さてさて。

1票!「あんた泥仕合になったら文章も生き生きとしてくるな!」と思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

COMMENTS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ハマリーンズ

    実は「1票投じ下さい」の自虐ネタを拝見するのも楽しみだったりします(笑)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top