千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

両軍投手陣が共に「いい仕事」をしたゲーム

5/31 ZOZOマリン ロッテ 2ー3西武  視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

昨日の試合は両軍合計21個の三振を喫する、ある意味投手戦でしたね。
昨年ぐらいまでは、いいのか悪いのか判らなかった高橋光成、西口ばりのフォームで球持ちの良さそうな感じなのに打たれる…今年からでしょうか、すぐさまトップの位置に腕を振り上げるマイナーチェンジを図っておりますね。制球力が課題だったので、このような形を取っているんでしょうが、一般的に打者からボールが見やすい方への変化ですから微妙です。7安打4四球を浴びせましたが、粘り強く7回2死まで放って2点に抑えられました。
彼にとってはラッキー、マリーンズにとってはアンラッキーな事も多々ありました。特に6回裏1死1,3塁のチャンス。打席は俊足な岡ですから「ここは1塁到達スピードが荻野と並んで右打者リーグTOPの岡だけに、ゲッツーだけは無さそうだから転がせば1点は堅いな」と思っていたら、転がしてゲッツーでしたからね…その前のファール、3塁のボテボテのゴロがフェアだったらサード中村のフィルダースチョイスを誘って1点入ってた臭かったんですが(笑)岡にも疫病神的な雰囲気が漂ってます。バファローズの小島的な。

次の7回裏は2死から荻野のこの日4本目の安打でチャンスを作りますが、2死からだったのが時遅く、光成からスイッチした平井に凌がれました。しかしこの平井というピッチャー「困ったら平井」というぐらいにブッこまれてますね。西武中継陣の弱体のしわ寄せが1人の投手に覆いかぶさっております。普通この日最大のピンチを凌いだら「お役ゴメン」になりそうなところですが、ライオンズの場合、当然のように「回マタギ」させられます。平井がリタイアしたらライオンズのシーズン自体終わりそうなぐらいの大車輪です。
特に8回裏の対清田に見せた1,2球外スラで1-1にし、3球目インコースズバリで追い込んだ後の4球目が痺れました。「内を見せて、外に戻る典型的配球か…」と思わせておいての4球目更にインコースにボール球が来そうな軌道からのバックドア!これは清田もたまらず腰が引けますね…解説のサトも絶賛しておりましたが、これはバッターからしたらしょうがない1球でした。

マリーンズも二木が好投したものの、自分のミスを取り返そうとする伏兵戸川にやられました。その後、田中靖洋、チェンの「防御率0点台敗戦処理コンビ」が今日も1点差を保ったまま、仕事を全う。本当に頭が下がる思いです。2人の戦力GUYZも気づけば靖洋はマリーンズ4年目、チェンは5年目を迎えました。しっかり自分の居場所を作って、頼もしい活躍を続けてくれております。昨日はホント、両軍投手陣がいい仕事をしたなぁ…という試合でした。

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top