千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

ロータッチトリオ揃い踏み

6/1 ZOZOマリン ロッテ 8ー7西武  視聴方法:RakutenTV パ・リーグSpecial 

昨日の試合はボルシンガーの乱調で「ああ5連敗確実か…」という序盤の流れでしたが、代わったブランドンが好投し、その間に榎田をマウンドから引きずり下ろすことに成功。更に東條が逆転を許すが、追いつき、10回裏にうっちゃるといった二転三転する面白い試合でした。ポイントポイントで好プレーや好投があって、なんとか突き放されず、最後にマクレる状況になっておりました。

まずボルシンガーが3回までに5点を失い、なおも2死満塁のピンチで、秋山の打球が右中間を抜けるような軌道で上がった時は「終わった…」と思いました。この打球をジャンプ一番、奨悟が取り押さえたことで試合が壊れずに済みました。ここで7-2或いは8-2になっていたら、さすがに厳しかったでしょう。この間1回裏の大地、3回裏のアジャと2本の2ランでひたひたとライオンズに迫ります。榎田はマリーンズ戦無敗なので「キラー」みたいな言われ方しておりますが、実際今年はそんなに内容良くありませんよね?これでロッテ戦の対戦防御率は7.00。
連日の戸川クンの凡ミスも結構効いてますね。5回裏はあれが無ければ、もしかしたら1点も取れていない可能性もありましたもんね。

勝ちパターン初登場となった東條が2失点してしまいますが、奨悟のタイムリーで同点。更に8回表の酒居も2死1,2塁のピンチを背負い、相手の4番山川に痛烈な打球を放たれますが、ショートの三木が難しいバウンドを処理し事なきをえました。
9回表に益田が連続失点以来のマウンドに登りますが、連続失点前の球威・制球が戻ったかのような力強いボールを放ります。5月後半は疲れも溜っていたのでしょう。7日、間をあけリフレッシュした益田のボールはグンバツで、やはり現ブルペン陣の中ではNo.1だと思いました。
そして10回裏は1死後三木が安打で出塁し、1死ながら江村が送り、荻野・大地に託すことになります。ライオンズバッテリーは荻野を2-0としたところで申告敬遠を選択、大地との勝負に出、大地が高目に抜けてきた平井のフォークをモノの見事に左中間に運びました。
最近、三木は変に逆方向を意識すぎのバッティングをしていたので、結構その辺を突かれていた部分もあったと思います。インサイドのボールを無理に流さず、時折左方面に引っ張ることも大事ではないでしょうか。いずれにせよ昨日の三木はポイントポイントで好守に存在感を見せつけました。

三木・大地・益田…We areの後にロータッチを決めている3人ですね。残念ながら昨日は益田不参加でこちらの方でのトリオ揃い踏みがありませんでしたが、試合の方では珍しく(?)この3人が揃って活躍しました。
それにしても大地は勝負強いというか、なんというか…1回に打った自分のホームランも忘れるぐらいに勝利の美酒に酔っておりましたが、あの1回の2ランだって、とてつもなくチームに勇気を与えました。よーいドンで初回に3点取られればシュンとなりそうなところ、すぐさま3-2にしたのは大きかった。チーム事情で守備位置はジプシーのように毎回変わりますが、しっかり打席内で結果を残し、「やっぱりレギュラーじゃない大地なんてありえない」と首脳陣にもファンにも再認識させました。
交流戦前に借金返済は不可能ですが、「-1」と「-3」では大きく違います。交流戦で貯金を作りだす為にも今日の試合は重要です。ヤクルトは今日負けるとセ新記録の17連敗。そして新記録は交流戦に持ち越される事になります。日本タイの18連敗、新の19連敗はファイターズの手に委ねられましたか…ここがマリーンズ戦だったら、かなり面白かったのに(笑)でもそうなると18連敗を全力で阻止しそうになるんで良かったかも。不思議な事にオールドファンにとって18連敗は「一番破られてほしくない記録」になってしまっております…。

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)



コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top