千葉中央マリン26ポイント

千葉ロッテ/千葉ローカル/LCC/電子マネー&ポイント

PICK UP

More

阪神の疫病神たちに助けられて交流戦初勝利

6/5 ZOZOマリン ロッテ 5ー4 阪神  視聴方法: 千葉テレビ 

先制された後の2回裏、こちらも平沢には頭を悩ましているところだが、
「阪神さん、同情致します…」
と思ってしまうショート木浪の拙守のオンパレード。記録されている失策は1だが、菅野のヒットと吉田のタイムリーはアウトに出来そうな当たりに見えた。こりゃピッチャーたまらんわ。
労せずして勝ち越したマリーンズ、3回にはアジャのダメ押し2ランで加点。4-1とするが、すぐさま岩下が2点を奪われ再び1点差。ボールが高く、また微妙なコースをアンパイアに取ってもらえなく球数が嵩み、苦しい投球が続いた。勝ち投手の権利がかかる5回表までなんとか持ったが、そのイニングも二遊間がゲッツーを取れず、ピンチの連続だったが、なんとか凌いだ。今季最多の投球数の中で、しっかり大事なところは抑えられるところに岩下の成長を感じる一幕でもあった。中盤はスライダーも多くなっていたけど、やはりピンチになると真っすぐ&フォークの力攻め。前日野球界全体のヒーローになっていた代打原口も三振に切って取った。

5回にレアードのタイムリー2塁打で差を広げるが、6回はチェンが1点を失い再び1点差。しかしこの後、東條-唐川-酒居-益田とつないで逃げ切りに成功。江村が売り出し中の近本を長いリクエストの末に刺したり、最後は清田のファインプレーも飛び出し守り勝った。
阪神側から見ると「しょっぱい敗戦」。安打はマリーンズより4本も多い二桁を記録しながら拙攻に泣いた。最後清田のファインの場面、1死3塁で代走の植田が飛び出していて併殺でゲームセット。普通この場面で外野に打球が飛んでタッチアップに戻らない事は考えづらいが、矢野監督が「俺の責任、俺が走らせた」とコメントしているところを見ると、「バットに当たった瞬間GO」のギャンブルスタートのサインを出していたと思われる(にしても外野に打球が行ったら戻らんかね…?)。
アンラッキーな当たりで最後の打者になった高山は新人の頃ブレイクしていたが、近本の出現でウカウカしていられない立場になっているのかね。かなり悲壮感が漂っていて、この選手も疫病神的な雰囲気になってきている。5回表に岩下が抑えきった場面は無死1,2塁でこの選手の打席だったけど、送りバントを2回失敗して、打ったらゲッツーコースのショートゴロだった。送りバントは最初の奴を見ていたら出来そうもないように見えた。ポイントが近すぎて、絶対にフェアゾーンに打球が転がらない角度でバントしようとしているんだもの…。

初戦は見ていなかったので、今年初めて見る阪神だったが、一番気になったのがこの攻撃時のベンチ。矢野監督の横に懐かしい顔、そう伊東政権下でヘッド格だった清水。いまや阪神の正式な(?)ヘッドコーチに出世あそばされたようだが、攻撃時ランナーが出ると、矢野と清水が同時にブロックサインを出し始めるんだよね…どちらかはダミーなんだろうけど、サインを見破られないために、このウザいダブルサイン技を用いているのかね。よく1人がブロックサインを送ってカムフラージュしながら別の場所からフラッシュサインで伝達するケースがあるが、これだけあからさまに「ダブルサイン」出しているのは初めて見たかも?

1票!記事が面白いと思ったら1票投じ下さい(マリーンズのブログランキングに飛びます)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Return Top